尿漏れは治療ですぐに改善できる|老若男にょ〜漏れない

緑と女性

どのような症状なのか

案内

あるアンケートによると、20代から50代女性の約半分が尿漏れを経験したと答えています。また、出産経験がない女性や、10代の若い女性でもふとした瞬間に尿漏れの経験があるといわれています。女性の尿道は約3から4センチメートルです。また、膀胱からまっすぐ伸びているため、尿意を食い止める力があまりありません。その上、腹筋や骨盤底筋が強くないため、お腹に力が入った瞬間などふとしたときに尿漏れを起こしてしまうのです。咳き込んでしまったときや、連続でくしゃみをしたとき、思いっきり笑ったときなどにちょっともれるという場合は、軽い尿漏れに当てはまるため問題ありません。日常生活で頻繁に尿漏れしてしまう場合や、臭いや衛生面が気になりストレスになる場合は、クリニックで受診することが大切です。

尿漏れに悩んでいる人は、泌尿器科に行き、症状を相談しましょう。尿漏れにはいくつかの種類があるので、自分の症状をきちんと把握することが大切です。種類に適した治療方法で、根本的な問題を改善しましょう。肥満や便秘などの生活習慣が原因で尿漏れを引き起こす可能性があります。そのため、泌尿器科では生活習慣の見直し指導を行なっているところもあります。尿漏れを起こしにくい生活習慣や軽いストレッチなどを学ぶことも大切です。ちなみに、尿漏れが気になるからといって水分の摂取量を控えるのは危険です。かえって、尿の濃度が濃くなってしまい、便秘や脳卒中などを併発させる恐れがあります。水分は控えすぎず、取り過ぎないことを意識して適量を摂取しましょう。また、家に引きこもっていては骨盤底筋が衰える一方です。専用の下着を着用するなどの対策を施して、積極的に外出しましょう。