尿漏れは治療ですぐに改善できる|老若男にょ〜漏れない

緑と女性

さまざまなケースがある

女性

尿漏れにはいくつかの種類があります。せきをした際や、くしゃみをした際、笑う、走るなどの動作では無意識にお腹に力が入ります。その際尿漏れしてしまうケースを「腹圧性尿失禁」といいます。腹圧性尿失禁は、女性の尿漏れで最も多く見られる症状です。約9割が出産経験者であることから、骨盤底筋のゆるみが原因だとわかります。そのため、骨盤底筋を引き締めることで腹圧性尿失禁は改善されます。また、トイレまで我慢できずに尿漏れしてしまう「切迫性尿失禁」というのもあります。これは、強い尿意に襲われ急いでトイレに向かうものの、ドアノブに手をかけた瞬間に漏らしてしまいます。通常「ドアノブ尿失禁」といわれています。水の音を聞いた際や、手を水に付けた際に急激な尿意に襲われる「手洗い尿失禁」なども切迫性尿失禁に当てはまります。

40代後半から女性は閉経期に入ります。その時期は加齢が原因で、膀胱や尿道の機能が低下します。同時に骨盤底筋も緩んでしまうため、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁が混合した「混合型尿失禁」を発症しやすいといわれています。骨盤底筋のストレッチや膀胱トレーニングが必要です。また、男性に多い「溢流性(いつりゅうせい)尿失禁」は、腎機能障害に注意する必要があります。糖尿病などを発症すると溢流性尿失禁になりやすいといわれています。男性の場合は、前立腺肥大症が主な原因です。ちなみに、他の病気や症状を改善するために服用している治療薬が原因で尿漏れを起こす可能性もあります。薬によっては副作用に尿漏れを促進させるものや、尿が出にくくなるものなどもあります。治療薬を服用し始めてから、尿トラブルが起こるようになったという人は、医師にきちんと相談しましょう。